風船オナニーで宙に舞う


風船オナニーのやり方

風船オナニーには、特別これと言った決まったやり方はありません。
ゴム製の風船は非常に自由な使い方をすることができるので、自分の思いつくままに使って大丈夫です。
たとえば、コンドームオナニーが好きな人は中にローションをたっぷり入れてペニスにかぶせるのもいいですね。
他にも、風船の中に水溶き片栗粉などを入れておっぱいの感触に近いものを二つ用意し、パイズリしてもいいです。
また、ゴム質が好きな人は風船をしゃぶりながらゴムフェラ気分を味わってオナニーをするなど、遊び方一つとっても個性が出るんです。

風船オナニーの特徴

最大の特徴は何といっても、フェティシズムを大きく刺激するオナニーというものです。
世の中には、いろんなフェティシズムを持った人がいるのですが中には風船フェチやゴムフェチという人が結構いて、そういう人の中には風船そのものに対して性欲を感じてしまう人もいるくらいなのです。
それは置いておいても、風船の感触というのはペニスへの刺激もソフトなので、いろんな使い方ができるオナニーグッズのユーティリティープレイヤーなのです。

風船オナニーの注意点

それほど気を付けることはありませんが、風船というのはそれほど強度があるわけでもありません。
しかも、風船のゴムというのは実はこと摩擦に非常に弱いんですね。
だから、あまり激しくこすりつけすぎたりするとオナニー中に風船が破裂してしまうこともあります。
ゴムが弾ける衝撃がペニスに直撃すると、それはもう痛いなんていうレベルの話ではありません、間違いなく悶絶必死なので気をつけましょう。

Pocket
Bookmark this on Delicious
Share on GREE