めちゃくちゃ擦りつける床オナニー


床オナニーのやりかた

床オナニーは、床にうつ伏せで寝転がり股間を押し付けるようにして腰を振るようにピストン運動をする事で押し付けた面で性器を擦るように刺激するというやり方です。
床だと硬いので、床ではなくベッドや布団などに押し付けることでソフトな感触を味わいつつ、しかもピストンする動きを調整することで刺激も強めることが出来るのです。
いわゆる擦りつけオナニーに近い物があるのですが、セックスの動きに近いです。

床オナニーの特徴

一番の特徴は、摩擦でのオナニーにもかかわらず非常に強い刺激を味わうことが出来る所です。
床オナは、地面に擦りつけるというやり方になりまずが自分の体重をかけて床面と自分の下腹部で挟みこみながら擦って刺激させるような形になるので圧迫感が非常に強いんですね。
手軽にすることもできるし、服の中で射精出来るので後始末はとても簡単です。

床オナニーの注意点

しかし、床オナもいいことばかりではないのです。
例えば、床オナは圧迫する刺激の強い快感を与える物なので実際のセックスなどで射精しにくくなってしまうというようなこともあるんです。
だから、床オナは時々変化を与えるためには効果的ではあるのですが、常習的にやりすぎると性的快感に鈍くなってしまうこともあります。
また、ペニスを折り曲げ圧迫するような形で刺激をするようになりますのでやり過ぎるとペニスに傷が付いてしまうこともありますし、無理に体重をかけ過ぎると裂傷することもありますのであまり力を込めすぎないようにする、かたい床でなく布団やオナシートなどを利用する事をお勧めします。

Pocket
Bookmark this on Delicious
Share on GREE